貸してはいけない貸事務所  

貸してはいけない貸事務所ってあるのでしょうか。貸すための貸事務所であるはずなのに貸してはいけないというのは、どういうことか考えてみたいと思います。貸すことが目的とされないということは考えられるかもしれません。貸すことが目的ではないつまり、貸すのではなく使ってもらうという考え方なのです。これは、どういった場合に考えられるでしょう。例えばテナント誘致にさいして、メームバリューのあるオフィスに藍ってもらうという考えです。そうすることにより、ビル全体の価値があがれば、貸事務所としての価値も連動してあがるというわけですそうすることにより、ビル全体のブランディングが構築され非常にいい物件としての機能をもつことができるのです。貸さないというわけではなく、条件的に貸すという考え方をもたない貸主と借主の契約であるといえるでしょう。こいったことはまれにあるではなく案外、一般的にの見受けられる形として、存在し入るといえます。これは、あくまでの推測に過ぎませんが、そういった方法をとるためには、ある程度の力と、ブランド力というものが必要になるといえるでしょう。すべてがすべてそういうことではありませんが、そういった手法で貸事務所との契約をとるということも必然性があるのかもしれません。