貸事務所の100年後の未来について  

貸事務所は 100年後一体どうなっているのかについて考えてみたいともいます。まず、100年後の世界感として、事務所という定義がなくなっているかも知れません。つまり、人はあらゆる移動手段を身につけ 仮想現実に オフィスを構え仕事ができてしまうといい選択を考えるでしょうか。事務所なんて入らないと思うかもしれません。そうなると、もはや借りるんものではなく、空気をシェアすることのような、ふわっとした感じになることも想像されます。そんな未来は、遠くさきではなく、すぐ近くまでやってきているのです。この10年だけをみてみてもわかるでしょう。劇的にスマートフォンが普及し、仕事のあり方にも変化が出て気ました。20年以上前は携帯電話さえほとんどの人が持っていなかったのです。そんな時代にもう戻ることはできません。人々は便利を手に入れると、元に戻すことは困難なのだからです。そう考えると100年後のオフィス 企業 会社 貸事務所など、あらゆる局面で変化が起こると思われます。リニアモーターカーもできることでしょう。これはもう数十年先には実現していることなのです。そうなると、人 もの 通信 さまざまな分野で 改革が行われると思います。そして、人々は、都会にいる必要性や、メリットも少なくなる可能性もあるのです。