貸事務所の住所についての考察

次にどこ、つまり、住所について考えて見ましょう。先ほども触れてみましたが、バーチャルオフィスや、貸事務所というのは一等地であることが優位とされています。つまり、それそのものがステータスとなるからなのです。また、同じ場所に複数の会社が存在しているということもあります。そうなると。いくら、貸事務所だからといっても実態にそぐわないことが想像されるため、信用上、悪影響を与えるということもありえます。それではバーチャルオフィスの場合 登記が可能かという問題がありますが。この場合、登記できる場合とできない場合があるということは確認する必要があります。もりろん登記可能のほうが多いといえますが、こういうことは事前に調べておく必要があります。契約してからだと、違約金を払う可能性もあるからです。しかし、ながら、こういった貸事務所で登記を行った場合のデメリットも考えていたほうがいいかもしれません。例えば 許認可において、認可が取れないケースなどもあるということです。また、法人口座の開設においてもデメリットがある可能性を含んでいることがあります。その点においては十分に知っておく必要があるといえます。それを調べもせずに、いい物件であるという条件だけで契約してしまった場合、重大な損失をこうむる可能性があるということを十分に理解して行動しておく必要があるといえます。