貸事務所とは

1970年代後半 オーストラリアの事業家がたくさんのオフィスが同居するサービスつき事務所という事業を立ち上げました。サーブコープという名前でした。その後、1980年代後半事業家のマークさんはベルギーブリュッセルでサービススタッフが常駐して、必要なニーズに応じた必要なサービスを受けることのできるくらいの環境を設備がととのったオフィススペース 貸事務所 を必要に応じて、ニーズのある企業に提供するというビジネスモデルを考案しリージャズという会社を設立しました。サーブや リージャズなどのレンタルオフィス 貸事務所は、その後 世界中に広がり 20世紀末には日本にもそのビジネスモデルが展開されることになる。現在も、多様なニーズに対応できる 貸事務所 レンタルオフィスは 人気をはくし、事業展開の一役を担っているといえる。日本における貸し事業の歴史は 1990年代 後半ごろから始まり、外資の企業を中心に展開されることになる。また、日本独自のオープンオフィスといったけいたいで事業が成功することをコンセプトにした貸事務所 レンタルオフィスも 展開されることになる。日本にはこれまでも机貸しという事務所に必要な 什器を貸し出す事業というのはあったといわれています。

しかしながら、什器だけでなく、あらゆるビジネスに必要なサービスを包括的に貸し出すという海外型のレンタルオフィス 貸事務所というスタイルは最近のビジネスモデルだといえる。不特定多数のテナントや、個人事業主、などが混在する、現行の貸し事業モデルは、ビルの所有者などが積極的には貸し出すことがなかったため、最初の普及には時間がかかったといえるが、外資企業の積極的な展開により、日本の構造もかわることになる。そのおかげで、事業主が 気軽に オフィスを構えることのできる。レンタルオフィス、貸事務所というものが確立されていくこととなる